検索へ戻る

 魔界都市ゴデス 女王ミスティ
魔界都市ゴデス 女王ミスティ

ある冬の夜、〈亀裂〉の監視員・矢倉兵吉は、地の底から現れた美しいミイラ妖女と遭遇。
一方的に下僕とされてしまう。
その目的も不明のまま、超古代世界の王国に君臨した女王ミスティは、
平吉の迷惑にも構わず、ありとあらゆるトラブルを巻き起こしていく。
その目が血光を放ち、朱唇が微笑むとき、邪悪な者たちは、
更なる悪の蠱惑に誘われるかのように死の道を辿っていく。
そしてついに姿を見せた真の敵ー古代魔王ダリスその配下たち。
電子ゲームのキャラと化した男、妖刀人、破滅の砂嵐等がミスティを襲う中、
アメリカからも最新兵器を身につけた刺客が襲来する。ミスティと彼らが転生した理由は?
「魔界都市〈新宿〉」よ、おのがために死闘する者たちを讃えるのか、それとも呪うのか?

著者:菊地秀行

ノベルズ・272ページ
本体1000円+税

フッタ

創 土 社

143-0043 東京都大田区羽田1-10-15-504
03-5737-0091(代表)
info@soudosha.jp