ページトップへTOP

「ポスト真実」時代の実像を求めて

「ポスト真実」時代の実像を求めて - 書籍カバー

書籍内容

元共同通信の記者である著者は、ベトナム戦争では現地を取材、
またバンコク、テヘラン、ニューヨーク支局長を務めるなど多彩なキャリアの持つ。
ここ10年、客観的な事実(真実)が重視されない――「ポスト真実」の時代がはじまった。
客観的な事実を伝えるを使命としてきたジャーナリストにとって、これほど腹立たしいことはない。
こうした風潮に抗うように、著者はさまざまな分野にわたって情報を発信し続けてきた。
本書はその一部を収録したものである。本書を通じて読者はジャーナリストの神髄の一端をうかがってほしい。

タイトル著者紹介

1937年生まれ。一橋大学経済学部卒業。共同通信社の記者として国内では警視庁公安・警備部担当、防衛庁(現防衛省)、外務省詰め。1972年、1975年にベトナム戦争を現地で取材、1977年、福田赳夫首相がアジア外交政策の基軸として「福田ドクトリン」を発表したマニラ訪問に随行した。バンコク、テヘラン、ニューヨーク支局長。(株)共同通信社常務取締役、(株)共同通信会館監査役。退社後、日本大学の学生新聞、「日大新聞」社長を務めた後、2004年から2008年まで、マニラ新聞副社長(編集担当)としてマニラに在住。一般社団法人総合政策研究所刊の月刊誌「インテリジェンス・レポート」誌に定期寄稿

書籍情報

  • タイトル:「ポスト真実」時代の実像を求めて
  • 著者:水藤眞樹太
  • 価格:2,000円+税
  • 班版:四六並製
  • ページ数:272ページ
  • ISBN:978 4 7988 0236 7
  • Cコード:0031
  • 発売日:2020/6/30