★ クトゥルフ少女戦隊 第二部 11月27日発売


★読者応募企画実施中!⇒詳細はこちら



価格:1300円+税

サイズ:18.7 x 13 x 1.6 cm

頁数:288頁

ISBN:978-4-7988-3021-6



価格:1300円+税

サイズ:18.7 x 13 x 1.6 cm

頁数:288頁

ISBN:978-4-7988-3019-3

《内容紹介》
第一部
5億4000万年前、突如として生物の「門」がすべて出そろうカンブリア爆発が起こった。このときに先行するおびただしい生物の可能性が、発現されることなく進化の途上から消えていった。
これは実は超遺伝子「メタ・ゲノム」が遺伝子配列そのものに進化圧を加える壊滅的なメタ進化なのだった。いままたそのメタ進化が起ころうとしている。怪物遺伝子(ジーン・クトゥルフ)が表現されようとしている。おびただしいクトゥルフが表現されようとしている。この怪物遺伝子をいかに抑制するか。発現したクトゥルフをいかに非発現型遺伝子に組み換えるか?
そのミッションに招集された現行の生命体は三種、敵か味方か遺伝子改変されたゴキブリ群、進化の実験に使われた実験マウス(マウス・クリスト)、そして人間未満人間以上の四人のクトゥルフ少女たち。その名も、究極少女、限界少女、例外少女、そして実存少女……。クトゥルフと地球生命体代表選手の壮絶なバトルが「進化コロシアム」で開始された!
これまで誰も読んだことがないクトゥルフ神話と本格SFとの奇跡のコラボ! 読み出したらやめられない、めくるめく進化戦争!

第二部
地球上の生命の全てを絶滅に導くという「クトゥルフ爆発」。それを阻止するべく選ばられた4人の少女たち――実存少女サヤキ、限界少女ニラカ、例外少女ウユウ、究極少女マナミ。そして、絶対不在少年マカミをただひたすら愛する……まるで、そう定められているかのように。
「クトゥルフ爆発」とは、「クトゥルフ」とは何なのか? 血反吐を吐きながら、少女たちはそう叫ぶ! 死の淵に墜ちたとき、少女たちはその正体に気づく。「進化」と「死」に立ち向かうとき、その先には何が待つのか……?
クトゥルフ×メタSF、完結編

クトゥルフ少女戦士たち

限界少女ニラカ
現代では藤本 韮花(ふじもと にらか)
静謐な美剣士
実存少女サヤキ
現代では柵木 沙耶希(しがらぎ さやき)
思うがままに鞭を操る
例外少女ウユウ
桂木 憂優(かつらぎ うゆう)
豪胆な槍の使い手
 
究極少女マナミ
現代では×××
華麗なるガンマン




クトゥルフ少女戦隊決めポーズイラスト応募
小林虹介 様
<「クトゥルフ少女戦隊」感想募集中!>     
お読みになりました方、ぜひこちらに感想をおよせください。     
感想を投稿する!