◆ 邪神帝国

価格:1050円(+税)

サイズ:17.4 x 11.2 x 2 cm

頁数:320頁

ISBN:978-4798830032

<あらすじ>
第一次大戦後、ヒトラーの台頭とともに1933年に政権を掌握し、1945年には崩壊したナチスドイツ。
その陰には邪神を信仰するものたちの恐ろしい魔術とさらなる闇が存在していた。
緻密に織り込まれたオカルトは、どこまでが史実でどこまでが虚構なのか
区別がつかないほどのリアリティと戦慄で迫りくる。
アドルフ・ヒトラーの生誕自体が邪悪な存在による意図的なものであるとしたら…
その恐怖と狂気が再び甦る日も、いや、それは既に甦っているのかもしれない。

<解説>
「ヒトラー、ナチス」に焦点をあてたクトゥルー神話の傑作短編集。  全7章及び「魔術的注釈」で構成された本書は、オムニバスとして各章が史実と絡み合い、実在の人物「アドルフ・ヒトラー」に焦点をあてている。

<著者紹介・朝松健>
1956年生まれ。ペンネームの由来は作家アーサー・マッケンから。西洋魔術や密教立川流に造詣が深く、また日本で最も多くのクトゥルー小説を創作し、逆宇宙シリーズなど多数の名作を生み出している。 最近は「ちゃらぽこ」シリーズなど妖怪伝記物が大人気を博している。
<邪神帝国ファンビデオ>
<「邪神帝国」復刻記念イベント>
2013年3月9日、本書の復刻を記念して新宿ロフトプラスワンにて、「我が青春のクトゥルー」イベントを開催いたします。ゲストには朝松健先生および菊地秀行先生、司会はくしまちみなと先生という豪華メンバー!
イベントの詳細はこちらをご覧ください。 
⇒ 「我が青春のクトゥルー」イベントの詳細はこちら

<「邪神帝国」感想募集中!>     
お読みになりました方、ぜひこちらに感想をおよせください。     
感想を投稿する!     
<サイン本のご依頼のあった書店様一覧>       
<東京都>       
<関東>

[神奈川県]静樹堂

[神奈川県]湘南台文華堂

[埼玉県]芳林堂書店 所沢駅ビル店

[千葉県]ときわ書房

   
<その他>