ダンウィチの末裔


カバーイラスト:小島文美、本文イラスト:小島文美、小澤麻実

価格:1700円+税

サイズ:18.7 x 13 x 1.7 cm

頁数:350頁

ISBN:978-4798830063

《ダッチ・シュルツの奇怪な事件・朝松健》
1935年、禁酒時代を終えたアメリカ、ニューヨークに新たな近代マフィアの時代が訪れる。
伝説のギャング、ラッキー・ルチアーノとダッチ・シュルツの抗争の影には、闇の男「J・C」の恐ろしい魔術が潜んでいた。

《青の血脈〜肖像画奇譚・立原透耶》
40歳を過ぎ、結婚もせずに一人寂しく、大学の講師をしている「わたし」の前に、ある日突然一人の青年が現れる。
それは20年前のかつて、留学先の天津で出会い、恋い焦がれ、叶わず逃げ出したその時そのままの姿の「彼」だった。

《妖術の螺旋・くしまちみなと》   
ある日みつけた高祖父の実験記録、そこには「金」の製造方法が記されていた。
その通り「金」を造ろうと、鏡子は高祖父の実験室があった夜刀浦市を訪れる。
そこで待っていたのは、「ホムンクルス」であった。

解説
1つのクトゥルー作品をテーマに3人の作家が小説、ゲームブック、漫画などの様々な形で競作するオマージュ・アンソロジー・シリーズ。
第2弾は3作小説で『チャールズ・ウォードの事件』に捧げる。巻末には原作『チャールズ・ウォードの事件』1章前半の新訳を掲載。
「チャールズ・ウォードの系譜」感想募集中   
お読みになりました方、ぜひこちらに感想をおよせください。
感想を投稿する
ポストカードのご依頼のあった書店様一覧   
3枚以上ご依頼のあった書店様です     
東京都       
神奈川県    
埼玉県    
千葉県    
大阪府・兵庫県・京都府    
愛知県    
その他